シワ・たるみ・毛穴 - 経堂ファミリアクリニック|耳鼻咽喉科/内科・小児科/皮膚科/形成外科/美容皮膚科 (自費診療)

Web予約 [ 完全予約制 ]

シワ・たるみ・毛穴

経堂ファミリアクリニック > 自費診療/美容皮膚科 > シワ・たるみ・毛穴

シワやたるみ、毛穴の原因は、主に乾燥や加齢です。皮膚の内部には真皮と呼ばれる肌組織が存在し、肌の大部分を占めています。真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで構成。通常はこれらの成分が真皮・表皮を支えています。しかし、乾燥や加齢によってコラーゲンやエラスチンが断絶されると、皮膚を支えられなくなり、溝つまりシワができるのです。また、真皮の下部にある網状層のコラーゲンやエラスチンが減少すると、たるみの原因になります。

顔にある無数の毛穴も、乾燥と加齢によって開く、黒ずむといった症状が表れます。それぞれの原因や症状に合わせて、適切な治療を施す必要があるため、まずが専門医に相談しましょう。

シワの特徴

シワには、主に5つの種類が存在します。表皮の乾燥によって引き起こされる「乾燥ジワ」、表情筋の運動による「表情ジワ」が有名です。そのほか、小ジワやほうれい線、首筋に走る「すじ」が挙げられます。主に乾燥や加齢、紫外線などによるダメージが原因です。表情ジワは、眉をひそめたり眉毛を挙げたときなど、筋肉を動かすことで表れます。一時的なシワのため、初期症状では気づかれにくいですが、固定ジワになると深く刻まれるので注意しましょう。固定ジワは、くっきりと定着した状態です。肌の弾力が失われ、元に戻らなくなります。





たるみの特徴

たるみに関係するのは、真皮下部の網状層です。真皮は、乳頭層と網状層の2つの層に分かれており、コラーゲンやエラスチンによってたるみに抵抗しています。しかし、年齢を重ねるうちにコラーゲン・エストロゲンが減少。結果、たるみの原因になるのです。 また、たるみのお悩みには「まぶたのたるみ」も挙げられます。洗顔やメイクのダメージ、筋肉の衰えによって、まぶたが下がるといった症状が表れます。目の周辺は皮膚が薄いため、ダメージを受けやすい部分です。また長時間、目を酷使する人もまぶたのたるみの症状が表れやすくなります。




毛穴の特徴

毛穴は、肌の奥から伸びる毛包管が肌の表面で開いたものです。特に顔には無数に存在し、乾燥や加齢などによって「黒ずみ」「毛穴の開き」などのトラブルが起こります。皮膚が乾燥すると、潤いを逃さないように皮脂の分泌が活発に。すると、皮脂がつまりやすく開いた状態になります。さらに、詰まった皮脂が酸化すると黒くなり、黒ずみの原因になるのです。







当院で行う治療法

▼シワ・たるみ・毛穴

●ケミカルピーリング

●マッサージピール※

●ダーマペン4※

●ベルベットスキン※

●ハイドラフェイシャル※(OP:パークリップ パークアイ)

●ストロボフェイシャル※

●ケアシス※(ヒアルロン酸、ベップビュープラス)

●HIFUウルトラセルQプラス

●ボトックス

●ヒアルロン酸

●レーザーフェイシャル

●レーザーシャワー

●レーザーリフト

●ピコフラクショナルレーザー

※オプションで唇 目回りにも使用できます。

エレクトロポレーション
(ケアシス)
※Caresys-S施術同意書
ハイドラフェイシャル

●エンライトン ピコレーザー


▽ピコレーザー(エンライトンSR)とは

当院で採用しているエンライトンSRは厚生労働省が安全性を認めている最新の医療レーザー機器です。最先端の照射機能で短時間での照射を実現しているため、従来の機器と比較しても熱による肌のダメージを抑えて痛みやダウンタイムが短いことが特徴です。

主に海外では刺青除去として開発されていますが、日本では肌の若返り治療にも適しているといわれております。

▽治療法
ピコスポット
短い周期のレーザーをピンポイントで照射することで、肌へのダメージが少ないため、治療後に炎症性色素性沈着のリスクが少ない治療法です。施術後からメイクもいただけます。
ピコトレーニング
広範囲に繰り返して照射する治療法で、低出力のレーザーを繰り返し継続的に行います。熱ではなく衝撃波でメラニン色素を粉砕させて除去していきます。肌の痛みは最小限にしながら肌のくすみ、肝斑、そばかすなど色素を除去します。より早く美白効果が得られるレーザー治療でもあります。
ピコフラクショナル
肌の深部に高密度の照射を行う治療法です。照射部分のコラーゲンを増やすことでコラーゲンを増やし肌再生を促します。皮膚の張りや小じわやニキビ跡などお肌の総合的な悩みに対して改善していく治療法です。肌の表面には穴を開けずに深部にだけエネルギーを届けるのも特徴です。
PAGE TOP