ニキビ・ニキビ跡治療 - 経堂ファミリアクリニック|耳鼻咽喉科/内科・小児科/皮膚科/形成外科/美容皮膚科 (自費診療)

Web予約 [ 完全予約制 ]

ニキビ・ニキビ跡治療

経堂ファミリアクリニック > 自費診療/美容皮膚科 > ニキビ・ニキビ跡治療

ニキビとは、皮脂分泌が進行して膿が溜まった状態を指します。主に思春期〜青年期ごろに発症し、おでこや頬、口周りに表れます。毛穴に溜まった皮脂が原因となりますが、すぐに治るものからニキビ跡として残ってしまう重度のものまでさまざま。原因は皮脂の他にも、ストレスやホルモンバランスまで幅広く、日頃のケアが大切です。またニキビの状態も、初期症状である「白ニキビ」や皮脂が酸化し黒ずむ「黒ニキビ」、さらに悪化した「赤ニキビ」に分けられます。ニキビは顔の印象を左右する重要なもの。ニキビやニキビ跡の治療は、症状に合わせて適切に行う必要があります。気軽に専門医に相談しましょう。

ニキビの特徴

ニキビとは、皮脂が過剰分泌された結果、化膿した状態を指します。白い吹き出物のような状態や、膿が溜まり赤く炎症を起こした状態が特徴です。また、ニキビにもさまざまな種類・状態が存在します。白ニキビは、毛穴をふさいだ小さな皮脂の塊。広範囲にできることが多く、皮脂が空気に触れていないため酸化せず白い状態です。また黒ニキビは、毛穴の入り口で溜まった皮脂が酸化。黒く見えている状態を指します。硬めの皮脂が毛穴に詰まっており、見た目にも目立ちます。さらに症状が進むと、赤ニキビと呼ばれる化膿した状態になります。毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が増殖し、炎症を起こすのです。炎症がひどいと痛みを感じたり、ニキビ跡が残りやすくなります。一般的に、思春期にできるものを「新春黄ニキビ」、大人になってからは「大人ニキビ」や「吹き出物」と呼ばれます。特に思春期ニキビは、ホルモンバランスの関係で皮脂の過剰分泌が起こりやすく、ニキビができやすい状態に。また大人になると、ストレスや古くなった角質が原因で、ニキビを発症しやすくなります。



ニキビ跡の特徴

ニキビ跡とは、ニキビが治ったあとに赤みや色素沈着、肌の凹みなどが残った状態を指します。ニキビ跡の原因は、肌の炎症が続くことにより、真皮層や皮下組織にまでダメージを負ってしまうこと。肌本来の力では修復が難しく、ニキビ跡として残ってしまうのです。またニキビ跡にもさまざまな状態が存在し、赤みが半年以上続く場合は炎症によるダメージで血管・筋肉が目立っている可能性も。色素沈着はしみのような、凹みはクレーターのように肌が陥没するといった特徴があります。ニキビができた際には、正しい治療・お手入れをしましょう。放置したり、過度に触って潰してしまわないように注意が必要です。







当院で行う治療法

▼ニキビ・ニキビ跡

診断後に保険診療と自由診療の治療方針についてご相談いただけます。

保険治療 内服外用(皮膚科)

難治性のニキビに対して自由診療での治療

●ピーリング石鹸

●トレチノイン・ハイドロキノン療法

●ケミカルピーリング

●ハイドラフェイシャル

●エレクトロポレーション(ケアシス)

●ピコレーザー

●レーザーフェイシャル

●ピコフラクショナルレーザー

●ダーマペン4

●高濃度ビタミンC点滴

●ニキビ注射

●アゼライン酸


ケミカルピーリング
エレクトロポレーション
(ケアシス)
※Caresys-S施術同意書
ハイドラフェイシャル

●エンライトン ピコレーザー


▽ピコレーザー(エンライトンSR)とは

当院で採用しているエンライトンSRは厚生労働省が安全性を認めている最新の医療レーザー機器です。最先端の照射機能で短時間での照射を実現しているため、従来の機器と比較しても熱による肌のダメージを抑えて痛みやダウンタイムが短いことが特徴です。

主に海外では刺青除去として開発されていますが、日本では肌の若返り治療にも適しているといわれております。

▽治療法
ピコフラクショナル
肌の深部に高密度の照射を行う治療法です。照射部分のコラーゲンを増やすことでコラーゲンを増やし肌再生を促します。皮膚の張りや小じわやニキビ跡などお肌の総合的な悩みに対して改善していく治療法です。肌の表面には穴を開けずに深部にだけエネルギーを届けるのも特徴です。
PAGE TOP